中国は北京の別の波の上昇の恐れとして49の新しいコビド19コロナウイルスの症例を報告する

北京

中国本土は6月14日の日曜日のための49の新しい確認されたCOVID-19の症例を報告した、前の日より57から下がる、月曜日の朝、国家衛生当局は言った。

国家保健委員会(NHC)は声明の中で、新たに確認されたケースのうち39件は局所的に感染したものであると述べた。

新たな感染者のうち36人が北京で発生したが、これは1日前に首都で報告された感染者数と同じで、当局がデータを発表し始めて以来、1日の感染数としては最多となった。場合の起源はまだ権限によって調査されているが、最初のデータはそれが大きい市場から来たかもしれないことを示唆するようである。

地元のパタヤのインディペンデントジャーナリズムをサポートし、あなたが気になる問題について記事を書き続けます。以下に少額の寄付をご検討ください。

2000万人以上の都市、北京はパンデミックの開始時に中国の最も厳しい旅行制御のいくつかを実施した。最新の流行まで、都市は新しい場合なしで50日以上行っていた。

市当局は土曜日に首都のスポーツイベントや観光地を閉鎖した。レストランは再び一緒に食事をするための大規模なグループを受け入れることから落胆している。市場の近くの11 の住宅団地は締まり、居住者は去ることから禁止された。Xinfadi の市場がある北京のFengtai 地区は日曜日に、危険度の高い区域を指定された。

NHCは、6月14日現在、中国本土で新たに輸入されたコビド19コロナウイルスの症例を10例報告しており、前日の19例から減少しています。同委員会はまた、18件の新たな無症候性症例を報告しており、1日前の9件から増加している。

中国本土におけるCOVID-19の総症例数は83,181人となりました。死者数は4,634人と変わらない。

中国では、ウイルスに感染しているが症状が出ない無症候性の患者を確定症例としてカウントしていない。
毎朝あなたの受信箱に送られる私たちのニュースをスパムなしで受け取りたいですか?下記にEメールを入力してください。

出所:ロイター/アソシエイト・プレスロイター/アソシエイト・プレス
送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)