タイ・センター・フォー・コヴィド19状況管理局は、バーやナイトクラブ、その他のナイトライフ会場が今のところ閉鎖されたままである理由を説明しています。

バンコク

コヴィド19情勢管理センターのスポークスマンであるタウェシン・ビサヌヨチン博士とナタパヌ・ノパクン氏は、本日、英語とタイ語の別々の記者会見で、バー、クラブ、パブ、その他の娯楽施設が当分の間、閉鎖されたままである理由を説明した。

彼らは、ナイトライフを再開した韓国と最近の日本の例を指摘し、どちらも新たな感染のクラスターを持っていた。韓国のクラスターはコントロール下にあるものの、大きなナイトクラブで発生したもので、日本の最近のクラスターはホステスクラブで発生したもので、パタヤの多くの会場に似ています。

CCSAの広報担当者は、ナイトクラブやバーでの社交辞令は、人々が何杯か飲んだ後に施行することはほぼ不可能であり、守られていないと述べ、中国やベトナムのように大きな問題なくナイトライフを開いている国でも、それらの会場では社交辞令を活用していないと述べている。

広報担当者によると、タイの世界的に有名なナイトライフを再開するための直接的な時間枠はないが、日々見直しが行われているという。CCSAは何度も言っているが、内部的な状況について十分な自信を持つ前に、コビド19の局所的な広がりのない28日に到達したいと思っている。

その日は来週の月曜日、6月22日になります。

しかし、疾病管理局の関係者も、夜遊びの前に学校を全開にしてほしいと何度も言っている。

その日は7月1日です。

一方、いくつかの主要なエンターテイメント協会やタイの飲料業界を含む、バーを閉鎖したままにする政策の批判者たちは、数千人を収容できる巨大なナイトクラブと同じグループに国のすべてのバーやパブを入れるのは不公平だと言う。彼らは繰り返し、少なくとも小規模な会場のオープンを許可するように求めてきた。彼らはまた、レストランがアルコールを販売し、彼らのビジネスを取るために許可することについて文句を言っているが、オープンするためにさえ小さなエンターテイメント会場を許可していません。

批評家はまた、タイを韓国や日本のような国と比較するのは不公平だと述べている。彼らはまた、合法的なナイトライフを長期的に閉鎖しておくことは、規制が全くできない地下に移動させるだけであり、タイ政府に大きな税収の損失をもたらし、さらに社会的な距離を縮めるリスクがあると主張しています。

今のところ、6月18日の時点で3ヶ月間閉鎖されているバー、クラブ、その他のナイトライフ会場は、全国で数万の会場が閉鎖され、パタヤはナイトライフ会場にほぼ完全に依存しているため、コロナウイルスの状況によって壊滅的な打撃を受けていますが、救済を待ち続けています。

送信
ユーザーレビュー
3 (3 票)