Covid-19 状況管理のタイの役人は、家族と座礁した外国人を連れ戻す計画に取り組んでいることを確認している。

バンコク

コビド19状況管理センターの英語プレゼンテーション担当スポークスマンであるナタパヌ・ノパクン氏は本日の記者会見で、海外で足止めされている外国人の帰国を許可するために、関係機関や関係者が積極的に議論していることを確認した。

ナタパヌは、Covid19コロナウイルスの状況が3月下旬に国境を閉鎖したときに、何千人もの外国人が家族や愛する人から離れ離れになった現在進行中の状況に対応していました。このカタゴリーに該当する人々の多くは、今では3ヶ月間、愛する人と離れている。

パタヤニュースはこの問題を広範囲に取り上げており、最近では昨日、読者の方から現在進行中の状況についての社説・メールをいただきました。

https://thepattayanews.com/2020/06/14/mailbag-thailand-please-dont-forget-the-foreigners-with-family-and-loved-ones-still-stranded-abroad-we-want-to-come-home/

詳細は不明だが、ナタパヌ氏は、直近の会議は今朝行われたばかりで、外国人、特に結婚している外国人について話し合われたと述べている。

ナタパヌ氏は、結婚した外国人を優先し、秩序ある管理の行き届いた方法で、できるだけ早く連れ戻す方法について、さらに議論を重ねると述べた。

旅行泡およびタイに戻ることを許される外国の国民を論議するCCSA および関連した政府機関の次の予定された会合は水曜日である、私達がまた今日以前に報告した彼は加えた。

https://thepattayanews.com/2020/06/15/official-meeting-between-center-for-covid-19-situation-administration-and-four-ministries-on-travel-bubbles-set-for-wednesday/

水曜日の早朝には、長年タイを故郷としてきた多くの外国人にとって最優先事項であるこの件について、詳細が発表され次第、パタヤ・ニュースがより多くの情報を提供します。

また、CCSAの関係者は、帰国を希望する人には最寄りの大使館に連絡するようにと提案しているが、ソーシャルメディア上では、帰国を希望する人の報告がいくつかあり、大使館は、タイ政府からの正式な情報がまだ得られていないと報告しており、適切な判断を下すためには、辛抱してください。

送信
ユーザーレビュー
5 (1 投票)