コヴィド19情勢管理センターとトラベルバブルに関する4省庁の公式会議が水曜日に開催されました。

バンコク(NNT) - 反COVID-19ロックダウン規制の第4段階の緩和を実施した後、観光・スポーツ、公衆衛生、内務、外務省の各省は6月17日(水)、政府のCOVID-19状況管理センター(CCSA)に旅行バブル計画を提案する予定だ。

ピパット・ラチャキットプラカーン観光スポーツ大臣は、タイの観光部門とCOVID-19の状況に対処する国の能力に自信を示した。旅行バブルは、発生が十分に抑制されている国からの訪問者を制限し、海外からの訪問者に開き直ることになるだろう。

観光分野での二国間協力であり、世界の多くの国もこの構想に関心を持っている。すでにCCSAによって原則的に承認されている。各省庁は現在、選定された国との実施や交渉、各種プロトコル、予防措置などを検討している。この問題は今週水曜日にCCSAに提案される予定だ。

旅行バブルの初期段階では、外国人起業家やタイで医療サービスの予約を求める患者に国を開放する。国は1日に約1,000人の外国人を受け入れると予想されている。それがうまくいけば、より多くのグループが国を入力することが許可されます。

トラベルバブルは14日間の検疫を課すことはないが、その他の対策は公共の安全を確保するために準備されている。タイに到着した後の海外からの訪問者の追跡を助けるために、モバイルアプリケーションが使用されます。COVID-19のパンデミックが沈静化すれば、同国の観光・健康部門の潜在力が国内経済の再生を助けることになる。

ソースはこちら。タイ全国ニュース局

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)