タイ政府は、旅行バブルで前進するために、最高のCovid19、ビジネス、医療観光客から回復した国に焦点を当てる

バンコック-金曜日に緩和された第4段階の制限の発表に加えて、政府のCOVID-19センターは、別のウイルスの発生を防ぐための予防措置を備えた「旅行バブル」の中での国際観光の再開に合意した。

COVID-19状況管理センター(CCSA)のスポークスマンであるタウェシン・ビサヌヨチン博士は、政府が外国人観光客への再開を原則として承認したことを明らかにしたが、発生が十分にコントロールされている国からの観光客に限定していることを明らかにした。

旅行バブル」内の国に限定して再開する構想が観光スポーツ省から提案されており、まずはタイで予約制の医療サービスを求めるビジネスパーソンや外国人患者からスタートする。旅行者は、旅行保険に加入していること、旅行前にCOVID-19の検査で陰性であること、タイに入国した後は当局が容易に見つけられることなどが条件となる。

プラユット・チャンオチャ元首相は、タイの人々が再開の恩恵を受けられるように、また、再度の局地的な発生がないように、他の安全対策を検討するための小委員会の設置を命じた。

ソースはこちら。タイ全国ニュース局

送信
ユーザーレビュー
5 (2 票)