タイの夜間外出禁止令は終了したが、当局は、集会やパーティー、厳格なアルコールのルールを破ることに警告を発している。

タイ

過去2ヶ月半にわたって実施されてきたタイの国家外出禁止令は、王室公報に掲載された最近の命令により、本日6月14日午後11時に終了しました。

夜間外出禁止令は、2020年4月3日にコビド19コロナウイルスの潜在的な感染拡大を阻止し、人の集まりを抑制するために発令されました。タイでは約3週間の間に、局所的に蔓延しているコビド19の確認された記録的な症例は1件もありませんでした。

夜間外出禁止令の終わりにもかかわらず、タイ・センター・フォー・コヴィド19状況管理局またはCCSAの当局が言うには、人々が通常の生活、バー、パブ、ナイトクラブ、カクテルラウンジ、ホステスバー、カラオケ、ビアホールおよび他のナイトライフ・エンターテイメント会場は、再開の予定された即時の日付がないまま閉鎖されたままである。

レストラン、ホテル、市場、フードコートは6月15日(月)からアルコールの販売を許可されていますが、当局は、全国的に合法的な販売時間は午後11時から午後2時、午後5時から午後11時までと厳しく取り締まると警告しています(通常の法律は午前0時までですが、非常事態令の下で署名された命令では、令が終了するまでは午後11時となっています)。ただし、バンコクの知事は今日の深夜0時をカットオフとしているので、これは州によって異なるかもしれません)。)事実上、これにより、24時間営業のレストランが、朝の早朝までデファクト・バーであることを阻止することになる。

追加で、ハウスパーティーなどの大規模な集会や地下クラブの開放などはまだ違法であり、緊急政令法の下で厳しい処罰に直面する可能性があると当局は伝えている。

命令はまた、具体的には、現時点ではレストランではアルコールに関するプロモーションは一切認められておらず、「ビール応援ガール」や他のタイプのホステスも認められていないと述べています。これには、割引やハッピーアワーなども含まれます。

海岸や公園などの公共の場での飲酒は引き続き禁止されている。政令はまた、非アルコール販売日として仏教の宗教的な祝日をリストアップした。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)