タイ国営バス会社、6月15日(月)からすべての外国人乗客の乗車を許可

バンコク

タイ国営バス会社のトランスポート社(Transport Co.Ltd.は、2020年6月15日(月)から全バス路線で外国人客の利用を認めるとしている。

これは、今週初めにAssociated Pressによって確認されたと報じられた、タイ国民のみがバスに乗ることを許可した政策をめぐって、タイの英語メディアに大規模な批判が寄せられたことに続くものである。

このポリシーについては、以前の記事からこちらをご覧ください。

パタヤニュースには、この方針についていくつかのメールや苦情が寄せられていましたが、少なくとも一人の外国人であるマイク・Sさんの報告によると、彼のガールフレンドと国有バスで何事もなく旅行を成功させたとのことです。 運輸会社は、会社全体の方針が外国人禁止だったのか、それとも特定の支店や経営陣の方針だったのかを明確にしていませんでした。しかし、彼らはすべてのルートが月曜日から外国人に開放されることを明らかにした。

運輸会社はまた、一部の州や場所にはまだ独自の規則や検疫手続きがあることを外国人に注意を促しています。彼らは、行く前に旅行先の州政府に確認することをお勧めします。 チョンブリでは、検疫や制限の要件はありません。

これは24時間以内に来る バンコクで人気のワットポーも批判された後 外国人を許可しないためのタイのニュース メディアで、彼らはまた、それは差別ではなく、寺院に行われている修理の周りに基づいていたと引用して、ポリシーを逆転させる状態になります。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)