タイ・ベトジェット、再開したばかりのプーケット空港で初の営業復帰を果たす

以下、タイ・ベトジェット社のプレスリリースです。

バンコクだ 六月 12, 2020) –  CAATが2020年6月13日からプーケット国際空港の国内線運航再開を発表したことを受け、タイ・ベトジェットは、バンコク(スワンナプーム)-プーケット国際空港間の路線の運航を再開することが確認された最初で唯一の航空会社であり、同日からの旅客需要に対応します。タイ・ベトジェット航空は、乗客や乗務員の体温測定、空港内や機内での社会的な距離感の測定など、現在の安全で健康的な手順を厳格に遵守しています。乗客は旅を通してフェイスマスクを着用するように要求されます。

アウトブレイク後の人と経済的なつながりを取り戻したいという思いから、航空会社は現在(2020年6月12日)から2020年6月15日までの間、新たに立ち上げたeコマースプラットフォームで2020年7月10日までの旅行でタイ・ベトジェット国内線航空券の予約と支払いを完了した乗客に特別運賃と貴重なキャンペーン「スカイバウチャー」を提供しています。 skyfun.vietjetair.com.ご予約いただいたお客様には、次回のご予約時にタイ・ベトジェット便のご利用が可能な2,020バーツのスカイバウチャーが自動的に付与されます。詳細はこちらをご覧ください。 skyfun.vietjetair.com

現在、タイ・ベトジェットは、バンコク~チャーンマイ/チャーンライ/プーケット/クラビ/ウドンタニ間を含むタイ国内線を安定的に運航しております。スムーズな入国のために、各都市・空港への到着時には規制や手続きの確認をお勧めしています。また、航空会社は需要の増加に対応してフライトスケジュールを継続的に増やし、ネットワークを拡張するとともに、状況が回復するまでの間、発生の予防と制御に懸命に取り組んでいる私たちのヒーローへの感謝の気持ちを込めて、最前線の医療スタッフに無料チケットを提供しています。

ベトジェットについて:

新時代の航空会社ベトジェットは、ベトナムの航空業界に革命を起こしただけでなく、地域や世界の航空会社の先駆者でもあります。コスト管理能力、効果的なオペレーション、パフォーマンスに重点を置き、お客様のご要望にお応えするための多様なサービスだけでなく、コスト削減と柔軟性のある運賃でフライトの機会を提供しています。

Vietjetは国際航空運送協会(IATA)の正規会員であり、IATA運航安全監査(IOSA)の認定を受けています。ベトナム最大の民間航空会社として、世界で唯一の安全性・商品評価サイト「airrineratings.com」で2018年と2019年に安全性に関する最高ランクの7つ星を獲得し、「Airfinance Journal」では2018年と2019年に「健全な資金調達と運営のための世界のベストエアライン50」の1つに選ばれました。また、Skytrax、CAPA、Airline Ratingsなどの著名な団体からベスト・ローコスト・キャリアにも選ばれています。

タイ・ベトジェット社は、ベトジェット社と協力してフライトネットワークを拡大し、世界中の旅行者にタイをはじめとする多くの国を発見する機会を提供しています。現在、バンコクからチェンマイ、チェンライ、プーケット、クラビ、ウドンタニへの国内線7路線に加え、チェンライからプーケット、ウドンタニへの直行便、バンコクからダラット/ダナンへの直行便など、タイとベトナムを結ぶ8路線、タイから中国大陸への国際線を運航しています。

詳細はこちら www.vietjetair.com  

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)