260人のタイ人がパタヤで検疫を終え、家族と再会を果たす

バンコク-タイのCOVID-19の状況は徐々に改善しており、18日間で国内での新たな症例は報告されず、帰国者は国家検疫に置かれている。昨日、国内での新たな症例はなく、14日間の検疫を終え、COVID-19が陰性であった260人の帰国者は故郷の地方に戻った。

パタヤのチョンブリ県では、インドネシアや香港から帰国したタイ人260人が、国営の検疫施設として利用されていたル・バリ・リゾート&スパで隔離された。

14日間の期間を終え、検査で陰性であったため、帰国者は母国への帰国が許可されました。保健当局は、必要なガイドラインに沿って、地域の指導者に自分のことを報告するよう助言した。もし、発熱、喉の痛み、鼻水などの症状があれば、すぐに医師の診察を受けなければならない。

ソースはこちら。タイ全国ニュース局

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)