ジョムティエンビーチ拡張プロジェクト開始-約3年、5億8,600万バーツのプロジェクト

ジョムティエン

パタヤ市当局は本日、今月末までにジョムティエンビーチを拡張し、浸食によるダメージを補強する作業を開始すると発表しました。

イタリア・タイの開発会社が請け負っているこのプロジェクトは、完成までに推定900日、5億8600万バーツを要するという。

第一段階では、ナ・ジョムティエンの端からソイ11までのジョムティエン・ビーチの部分で構成され、これらの地域のほぼ完全に浸食されたビーチに約50メートルを追加することで構成されます。

第六海洋地域事務所によると、プロジェクトのために68万立方メートルの砂がラン・クワイアン島から出荷されている。この段階は今月末に開始される予定である。

ソイ11からプラタムナックまでの第二期工事は2022年度に行われる予定だ。海洋局によると、ここではビーチの浸食は少なくなっているが、まだ拡張される予定である。

2021年に向けて、プロジェクトはシフトして、浸食が著しいバンサエンビーチを整備する。

パタヤニュースは昨年、パタヤビーチの拡張に感銘を受け、ジョムティエンビーチにも同じことをしたいと考えたことから、このニュースを取り上げました。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)