パタヤからマップタプットへの高速道路延長は、かなり良い評価を得ており、3ヶ月間無料で利用できます。

パタヤ

パタヤからマップタプットへの待望の177億バーツの高速道路延長は、2016年から建設中であった後、ついに昨日オープンし、3ヶ月間自由に移動できるようになると、タイ運輸大臣のSaksayam Chidchob氏は言う。

高速道路は全体的な東部経済回廊プロジェクトの一部で、チョンブリ県を中心としたタイ東部の交通と輸送をより円滑にするために設計されています。この特定のプロジェクトはパタヤとラヨーン、バンチャン間の移動に必要な時間を大幅に減少させます。

ドライバーは最終的に3つの異なる入口から料金所に入ることができるようになります。 フアイヤイはパタヤのスクンビット通りと繋がっており、チオンはチョンブリのサタヒップ地区にあり、ウタパオはバンチャン地区のスクンビット通りの別の区間と繋がっています。後者の入口はプロジェクトの試験的な段階でのみ利用可能です。

道路が商業利用に開通した場合、タイ運輸省によると、通行料は25~305バーツと見積もられている。

開通初日は5月22日(金)で、一部では高速道路のセクションがまだ荒れていて未完成のように見えたと指摘されていたが、全体的なフィードバックは肯定的だった。これは3ヶ月の「グランドオープン」の前に解決されると期待され、交通局は無料トライアルが「ソフトオープン」であり、最終的なタッチがまだ適用されるかもしれないことを強調した。

 

送信
ユーザーレビュー
5 (1 投票)