ソイ・ドッグ・ファンデーションは、プーケットでの犬の毒殺事件の報告に対応しています。

ソイ・ドッグ・ファンデーションは、プーケットのチェーン・タレーでの犬の毒殺の報告に対応しています。

以下、ソイ・ドッグ財団のプレスリリースです。


ソイ犬基金は、地域の意図的な犬の毒殺の2つの最近の報告を受けて、チェルンタレー警察と密接に連携しています。


最初の通報は4月、ゴム農園で行方不明の犬が、足を木に縛り付けられたまま死んでいるのが発見され、横には殺鼠剤を混入した餌が置かれていたことが発覚した。飼い主である地元の住民は、犬が毒を盛られたのはこれが初めてではなかったと報告した。しかし、最初の事例では、獣医の診察を受けるのが間に合ったという。2件目のケースでは、犬が逃げ出すのを邪魔するために木に縛り付けられていたと考えられている。


2件目は5月上旬、道路脇に置かれた鶏肉の袋を食べた後、犬が過剰に唾液を出すようになったという外国人女性からの通報である。犬は動物病院に運ばれ、鶏肉に農薬が混入されていたことが確認された。幸いなことに、犬は時間内に治療を受け、一命を取り留めました。
ソイ・ドッグは、被害を受けた犬の飼い主に会った後、警察に報告書を提出し、警察の捜査に協力していきます。両者の報告が近いことから、1人の犯人がいると考えられています。


動物を毒殺することは、動物虐待の防止と動物福祉の提供に関する法律で違法とされています。同法では、動物を物理的または心理的に苦しめ、痛み、病気、障害、死を誘発するような行動や不作為を禁止しており、加害者には最高で2年の懲役、B40,000の罰金またはその両方が課せられます。
また、カマラの建設現場での致死性の犬用トラップの設置や、マイカオの住宅での犬の射殺事件についても調査が進められている。


ソイ・ドッグでは、動物虐待の疑いがある場合には、一般の方に報告するよう呼びかけています。保護期間中(月~金、午前8時~午後5時)は、076-681-029までお電話ください。保護施設の営業時間外には、緊急電話(098-927-9698)までご連絡ください。Soi Dogでは、動物虐待の事例を警察に通報し、これらの凶悪な行為を行った加害者に対しては、法律の力を最大限に活用することを求めています。

送信
ユーザーレビュー
5 (1 投票)