タイの刑務所は、6月の初めに訪問者のために再開すると、矯正省は言う

タイ

タイの司法省は本日、矯正省と共同で、6月1日から観光客向けの営業を再開すると発表した。

ソムサク・テプシン法務大臣は、本日、法務省の執行部レベルで会議があったことを明らかにした。 

会議では、政府がコビド-19コロナウイルスの潜在的な広がりを抑制するために設計された様々な措置を緩和し続けた後、6月1日に受刑者の親族のような訪問者を許可するための準備など、様々な問題について議論した。

訪問者は、温度チェック、マスクの義務的な使用、手の消毒剤などの追加の予防措置を受けることになる、とSomsak氏は報道陣に語った。

矯正省はまた、大臣によると、建物の中に入ることができる訪問者の数を制限し、すべての訪問者の後に訪問者のエリアの完全な消毒を提供する予定です。

受刑者との面会に興味のある方は、面会を希望する刑務所に連絡し、事前に詳細を入手することをお勧めします。

刑務所はコビド19コロナウイルスに警戒して、タイではほぼ2ヶ月間面会が禁止されています。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)