パタヤのマッサージ店は、再オープンを許可するようにプッシュしています。

パタヤ

パタヤ市ではコビド19の新たな感染が確認されてから36日が経過し、マッサージ店が閉鎖されてから2ヶ月が経過したため、多くのマッサージ店の経営者が市、地域、国の役人に請願し、再オープンの許可を求めています。

ローズマッサージパタヤのオーナーであるソムチョブ・チムフィマイさん(41歳)は今週、関連するパタヤ・プレスと話し、彼女は、彼女が地元で知っている他の多くのマッサージ店のオーナーのように、自分の店と建物を所有しており、従業員は家族であると述べました。所有しているため、多くのマッサージ店のオーナーは家賃の心配をする必要がありません。 しかし、収入ゼロで多くの労働者は、いくつかのケースでは食べるためだけに数千に伸びている地元のチャリティー食品ラインに行くことを余儀なくされています。

ソムチョブ夫人は、故郷の地方に帰らないことを選び、パタヤに滞在しているスタッフを養ってきたという。しかし、タイのコビッド19の状況が大幅に改善され、彼女と他の多くのマッサージセラピストは、彼らが再オープンできるように政府に嘆願しています。

実際、今週初めには、バンコクで数十人のマッサージセラピストが社会的な距離を置いて抗議し、政府がマッサージ店の再開を許可することを要求した。 ちょうど半年前にタイマッサージが世界的に認識され、国連の文化遺産リストに追加されたときは特に。

タイ公衆衛生省は、彼らはマッサージ店の再オープンを支持しているが、最終的な決定はCCSA(Covid19状況管理のためのセンター)にかかっていると述べている。 安全にお店をオープンできるようにガイドラインまで設計されています。

一方、CCSAは、除菌剤、手袋、マスク、フェイスシールド、来店時の体温チェック、店の清掃を徹底しているにもかかわらず、マッサージは明らかに社会的な距離が近いことから、懸念を表明しています。また、タイ古式マッサージやアロマセラピーなどのマッサージが利益の大半を占めていることから、タイマッサージ協会は足裏マッサージのみを認めることを提案していますが、これでは利益を上げることができません。

ソムチョブさんは、外国人観光客の不足について報道陣に尋ねられた時、彼女の常連客の多くはパタヤ地域に住んでいて、彼女の店が再開するのを待っている外国人であると言いました。彼女はまた、より多くのタイ人、特に若い女性がパタヤでマッサージを求めており、国内のタイ人は常に彼女の顧客基盤の一部であったと言いました。彼女はこの時点で合法的にオープンし、スタッフが収入を得られるようにしたいと考えていました。

CCSAによると、コビド-19の症例が少ないままであれば、6月1日頃には規制やルールが緩和される可能性が高いという。第三段階の規制緩和がどのようなものになるのか、ハイリスク施設とされるマッサージ店が次の段階に入るのかどうかは現時点では不明である。CCSAは、それらの決定は来週末までに行われる可能性が高いと述べている。

 

送信
ユーザーレビュー
4.5 (2 票)