カンボジアの2人の国民は、Covid-19のために仕事を失った後、家に帰ろうとLop BuriからSa Kaeoまで8日間歩いています。

サ・ケオ

昨日、カンボジア国籍の2人がサカエオ州の検問所で止められ拘束され、事情聴取の後、地元の法執行当局者は、2人がコビド-19コロナウイルスのために職を失った後、母国に到着しようとして、過去8日間、ロッブリからサカエオまで歩いていたことを知り、ショックを受けた。

エカフォン・クリタヤキアティチュティ大佐、Tカンボジア人2人が拘束された場所では、第12偵察連隊の隊長が事情聴取と検問の先頭に立っていた。検問所は、パライ県のバン・ドン・グー(Ban Dong Ngu)の交通規制のために設置されていた。タイ王国全体では、現在のコビド-19コロナウイルスの状況の間、地方や地区をまたいだ旅行を阻止するために、地方や国の当局によって様々な検問所が設置されています。

カンボジア国籍の二人は、シェムリアップ出身のスン・メンさん(38歳)とニッティ・ソウエンさん(28歳)と確認された。2人は、ロッブリの農場で1日150バーツの労働許可を得て合法的に働いていたと供述しています。しかし、農場は最近、コビド-19コロナウイルスの危機のために、労働許可証を手に入れる余裕がなくなったとの理由で、何の前触れもなく彼らを解雇した。二人はお金がなくて、通路や祖国への道を見つけることができなかったので、歩くことを決意しました。バスや公共交通機関が不足していたため、選択肢が限られており、帰国するのに必死でした。

二人によると、二人は歩いている間はほとんど問題なく、地元のタイ人から援助を受け、いくつかの寺院に泊まり、食料や水の援助も受けたという。二人はプラチンブリ(Prachin Buri)を横断する際に地元の住人から少なくとも一度は車に乗せてもらったとエカフォン大佐に話した。

Khlong Luek警察署は、カンボジア当局および第12特殊レンジャー連隊統制グループと連携して、2人のカンボジア人の帰国を支援すると述べています。

写真、オリジナルソース。アレーヤ・サムラン、77Kaoded

翻訳と執筆:パタヤ・ニュース・チーム

https://www.77kaoded.com/news/thanapat/1612387

送信
ユーザーレビュー
5 (2 票)