チョンブリの住民は、数週間ぶりにアルコールの販売を開始したため、購入に殺到しています。

チョンブリ

国と地方政府が約3週間ぶりに販売を許可した後、地元の住民は今朝スーパーやデパートに群がり、一部の住民は、アルコールの法定販売時間である午前11時の前に、今日のアルコールを購入するためにチョンブリ県全体で並んでいました。

チームが撮影した動画をご紹介します。

https://youtu.be/EKgbHeEWrWU

アルコール販売の禁止は、タイ政府は、国民の大多数が熱烈なソーシャルメディアのコメントに基づいて禁止に反対であるように見えるにもかかわらず、アルコールを販売するかどうかに行ったり来たりしているように見えますので、数日前からの論争の領域となっています。

しかし、タイ政府は週末に国家的な禁止事項を取り消すことを決定し、各州の知事に酒類の販売を再び許可するかどうかの決定をさせた。いくつかの州では、サケオやブリラムのように禁酒を維持していたが、チョンブリでは販売を許可することにした。

この決定は、今朝6時半にチョンブリ広報から「まだ決定はしていない」との投稿があり、ほぼ土壇場で行われました。しかし、午前10時頃には、販売を許可する注文が掲載されていた。

当局によると、禁止の理由は、パーティーを開いたり、Covid19 コロナウイルスを拡散させる可能性のある集会を開いたりする人々への懸念だったとのことです。

人々が酒を購入するために店に押し寄せたので、何百人もの人々が地元の店に押し寄せ、ネット上では物理的な距離感についての懸念が高まっています。多くの人は、配達や販売が許可されていない数週間後に自分の店を再開した小さな店主だったようです。

お酒の販売はテイクアウトのみで、今日オープンしたレストランでは飲むことができません。公の場で飲むのは法律に反しており、人々は自分の家の快適さからしか飲むことができません。

送信
ユーザーレビュー
5 (3 票)