サカオ州知事が5月31日までの酒類販売禁止令を発表、知事に権限が移ったため

サ・ケオ

昨日、ナショナルタイレベルからのアルコール販売禁止令が、王室公報に掲載された後、明日5月3日に発効するようだとの発表があったことを受けて、後に国家安全保障会議で確認されたことから、命令を強化する権限を持つ一部の州知事が、この問題を自らの手に委ねています。

パタヤニュースによると、今朝、サカオ州知事のワラパン・スワンヌン氏は、少なくとも同州では5月中はアルコールの販売が禁止されることを確認する命令を発表し、国の情報を聞いていたサカオ州の多くの酒好きを失望させたとのことです。また、国の措置に合わせて、必要不可欠な理由を除き、県外への出入りを禁止することを繰り返し、以前に発表された他の制限や閉鎖を強調した。

我々は以前に警告していたが、全国的な禁止は、全国のアルコールの販売を解除することを意味するが、それは自分の地方で禁止を実施することから知事を制限するものではありませんでした。それについての詳細は以下で読むことができます。

タイ政府は、ロイヤルガゼットの命令によると、全国的なアルコール販売禁止の立場を逆転させたように見える

チョンブリ知事は、プレスタイムの時点では、まだ州内の制限を緩和するか、アルコールの販売のいずれかの周りの任意の命令をリリースしていません。注文はおそらく今日の午後には早くも期待されている。

写真クレジット:77kaoded

送信
ユーザーレビュー
3 (1 投票)