タイ政府は、大量検査ではなく接触者の追跡がコビド-19対策の鍵である理由を説明しています。

バンコク

タイ政府関係者は、コビド19状況管理センターのスポークスマンであるタウェシン・ビサヌヨーチン博士に率いられ、コビド19を持っている可能性のある個人のハイリスクグループを追跡し、特定することがはるかに効果的であると述べ、個人的にもソーシャルメディア上でも国中で大規模な大量検査を要求してきた批評家に対処しています。

タイの限られた資源のために、新しい感染症を発見するために全国的に大規模なスクリーニングを行う余裕がないことを認めながらも、タウェシン博士は今週、コビド19のコントロールに成功していることを、国全体で無作為に大規模なテストを行うのではなく、詳細かつ徹底的な接触の追跡と、リスクの高い地域やコミュニティを特定することによって確認していると述べた。

大規模スクリーニングの欠如に対する批判に対して、Taweesin博士は、広範囲に地域での検査を実施し、感染率が非常に低い、あるいは場合によってはゼロであった4つの病院の例を挙げた。しかし、過去に感染者が発生したことがある地域や、最近旅行したことがある地域など、特にリスクが高いと特定された地域での検査と比較すると、感染率は高くなっていた。このため、プーケット(パタヤも含めて)では現在、ウイルスの拡散のリスクが高い地域を特定し、その地域で無症状の人や無作為の人を含めて、レーザーを使って接触者を追跡し、検査を行うという戦略がとられていますが、リスクが低い地域では全国的に無作為に検査を行うのではなく、レーザーを使って接触者を追跡し、検査を行うことになっています。

タウェシン博士は、コビド-19の蔓延を制御し、感染症を特定するという点で、4つの基本原則が守られていると述べた。

1.法執行機関がこのプロセスを支援するために使用されている場合でも、高リスクの接触グループを特定しなければならない。

2.2.ハイリスクコミュニティを隔離し(プーケットやパタヤの閉鎖など)、集中的な検査、検疫、接触者の追跡を行い、エリアがコントロールされた後に行わなければなりません。

3. プロ 積極的なケースハンティング(無作為検査)をハイリスクコミュニティで実施し、ケースを探す。(現在プーケット、パタヤ、南部の一部)

4.マススクリーニング、特により多くの検査を完了させるためだけには、コストと労力を正当化するほどの感染率の高さが見出されていないため、全国的に無作為に行うほどの効果はありません。

タウェシン博士はまた、大量検査が成功を保証するものではないとも述べている。同国では現在、報道時点で約10万件の検査を実施している。同国の総症例数は2613件で、死者41人、回復者1167人となっている。

いくつかのソースからの材料を使用しています。 https://www.nationthailand.com/news/30385921?utm_source=homepage_hilight&utm_medium=internal_referral

送信
ユーザーレビュー
5 (2 票)