財務省、コビド-19コロナウイルスに直接感染したタイ人1人につき月2000バーツの財政支援を提案

バンコク

午後11時14分

財務省のプラソーン・プオンタニート常任秘書官は今晩早く、明日の閣議で、コビド-19コロナウイルスの影響で直接解雇されたり、影響を受けたりしているタイ人一人一人に月2000バーツを2ヶ月間、合計4000バーツ(約120米ドル)を支給するという提案を報道陣に提出する予定であることを明らかにした。

財務省は、この提案で社会保障の対象外となっている人たちをカバーすると付け加えた。

同氏は、現在、タイでは約500万人の人々が、エンターテインメントや観光産業を中心に廃業の影響を受けていると考えている。

一方、政治部は、タイ国民のために追加の支援と支援を探していると述べている。

これは、この困難な時期に国の電気代と水道代を3%削減したことに上乗せされています。

これらの提案の予算は、2020年度の財政予算から200億バーツの緊急基金から出てくることになります。

送信
ユーザーレビュー
1.5 (2 票)