最近韓国を出国したタイ人がサタヒプの検疫所に到着すると、地元住民は抗議の声を上げている。

サタヒップ

パタヤ郊外のサタヒップの検疫施設は、「リトルゴースト」と呼ばれるタイ人の愛称で、韓国を離れ、最近タイに戻ってきたコビド-19コロナウイルスの発生から逃れてきたタイ人の数十人を収容するために使用されています。

数週間前、武漢からの138人の避難者が、タイ海軍が所有する安全な病院に隔離されて2週間を過ごし、歓声と支援で迎えられた時とは明らかに異なる反応を示している。

リトルゴースト」の多くは、韓国の違法な娯楽産業で主に雇用されていた不法就労者であり、住民の懸念によると、彼らは感染している可能性のある個人とより近い距離で接触していた可能性があることが懸念されています。

サタヒップの住民は、ウイルスが病院から逃げ出し、地域社会に広がることを恐れている。実際、タイ市民であるにもかかわらず、住民が他の場所に連れて行かれることを要求しているため、「小さな幽霊」も隔離されているタイ全土の他のいくつかの場所で抗議行動が行われています。

パタヤ・ニュースによると、サタヒップ市の指導者は、検疫病院周辺の道路や地域を大規模に清掃・消毒し、施設やプロセスは安全であり、地域社会に危険がないことを住民に伝えて対応しているという。

一方、タイ海軍当局者と病院管理局は、ここ数日施設周辺で抗議を続けている地元住民の不安を癒すために、パタヤ沖の海軍所有の私有島に隔離された個人を配置する案を検討していると報じられています。

昨夜も、別の50人の "リトルゴースト "が14日間の検疫のために施設に到着し、今、この地域は定期的に使用されています...そして、数千人以上の韓国からの帰国者は、今後数週間で予想されています...地元の住民は、より一層の不安を強めています。

パタヤニュースのためにアダム・ジャッドによって書かれた

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)