タイのCovid19の患者さん3人が完全に回復し、帰宅することになりました。

バンコク(NNT) - 公衆衛生省は昨日、タイのCOVID-19患者3人がさらに確認され、そのうち2人は中国人であり、治療に成功した後、病気から回復したという非常に良いニュースを発表した。

保健省(MOPH)のタウェシン・ビサヌヨシン報道官は、昨日、38~40人目の確定患者が正式に発表された後、北海道から帰国した老夫婦とその姪を加えて、疾病管理局(DDC)の1422ホットラインには、一般の人々から約1300件の問い合わせの電話がかかってきたことを明らかにした。

DDCは現在、一般の人々のために、よくある質問と回答のリストを作成しました。一方で、ウイルスが活発に発生している国への不必要な旅行はすべて延期またはキャンセルされるべきである。旅行を決めた人は、調理された料理を食べ、スプーンを使い、頻繁に手を洗うことで自分の身を守るべきである。旅行中に体調を崩した場合は、大使館に報告し、到着時に特別な健康診断を受けるようにしましょう。

MOPHの広報担当者は、COVID-19の症状は一般的にほとんどの人では軽度であり、このウイルスに感染したと思われる人は、医療費を気にせずにすぐに医師の診察を受けるべきであると述べている。この病気に関するより詳しい情報は、MOPHのウェブサイト、1422ホットラインに加えて、DDCの自動化されたチャットボックスに掲載されています。

DDCのSopon Iamsirithawon感染症部長は、新たに確認された3人の患者の状態はいずれも重症ではなく、最近患者と接触した101人全員が関係者に連絡を取っていると述べた。検査結果は97人に陰性で、4人は保留中である。これらの患者と直接接触しているのは、家族、ツアーグループのメンバー、医療スタッフ、同級生などである。

タイでのCOVID-19の蔓延はまだ非常に限られたグループに限られていることをDDCの伝染病チーフが確認しています。

タイでは死亡した患者はおらず、診断された患者の3分の2以上が治療を受け、完全に回復して退院しています。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)