チョンブリでスクィンビット通りを横断しようとした飲酒運転の歩行者が死亡

サンスク

昨晩、ノングモン市場前の歩道橋から数フィート離れたところにあるスクイムビット通りを渡ろうとした際に車にはねられ、酔っていた47歳のタイ人女性が死亡しました。

47歳のアンカーナ・サオワオさんが昨夜8時頃、スクイムビット通りでバンコクから来ていた24歳のスーパナット・シリラッタナさんにはねられ、死亡しました。彼が運転していたのは白い三菱車で、こちらも大きな損傷を受けていました。彼は警察に協力的で、薬物やアルコールの影響を受けていませんでした。

スプハナート氏はセーンスク警察に、通常の交通を運転していた時に、女性がどこからともなく自分の車線に突っ込んできて、停止する時間を与えずに女性にぶつかってしまったと供述しています。この事故は、人々が安全に道路を横断できるように特別に設計された歩道橋からわずか数フィートのところで起きた。

ノングモン市場からの事故の目撃者によると、女性は市場で大量に飲んでいて、パタヤに戻る必要があると主張して、さっきまでお金を物乞いしていたという。

しかし、彼女はパタヤ行きの運賃の代わりにアルコールを買うために与えられたお金を使ったと言われています。彼女は酔って歩道橋への階段を登れなかったと言われていますが、これは高速道路を横断しようとした理由です。

センスク警察は引き続き事件の捜査を進めており、今後は現地のCCTVを見直していくという。

写真です。77kaoded.記事 アダム・ジャッド、パタヤ・ニュース

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)