アラブ首長国連邦、COVID19新規コロナウイルスの影響でタイとイランへの渡航を禁止

アラブ首長国連邦は、コロナウイルスの発生のため、イランとタイへの旅行からその市民を禁止している「市民の安全と健康を確保するために、さらなる通知まで」、UAEの外務省は、州の通信社、WAMによると、声明の中で述べた。

外務省はまた、現在これら2カ国に滞在している首長国の市民に対し、UAEの大使館に連絡するか、声明に記載されている電話番号に連絡するよう呼びかけている。

パタヤ・ニュースによると、タイでは他の多くの国よりもはるかに少ない35件の症例しか発生しておらず、ここ数日で一件も発生していないとのことで、状況はコントロールされていると述べています。タイで死亡した患者はおらず、20人以上の患者が回復し、病院から退院して帰国している。

タイはこの決定に対する政府の公式な回答を与えていないが、すぐにそうすると予想されている。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)