タイとパタヤでの最後の数組の中国のツアーグループは、今後数日間で出発します。

パタヤ

タイ政府は、パタヤとタイの最後の数組の中国人ツアーグループが今後数日のうちに出発する予定で、多くは今晩出発するとしている。

中国政府が1月26日に新型コロナウイルスの潜在的な広がりが国を荒らしているとの懸念から、国外へのツアーグループを禁止する前に、まだ国内にいる中国のツアーグループが到着した。

パタヤでは、パタヤニュースによると、今朝はまだ数組のグループが市内に残っていましたが、大多数のグループはほとんどいなくなっていました。バリハイ桟橋は夕暮れ時にはほぼ空っぽの状態で、通常何千人もの観光客とツアーバスがいる時間帯です。

2020年2月2日の夕暮れ時の空のバリハイ桟橋。

ツアーグループのメンバー全員の健康状態は、滞在中にツアーガイドや旅行関係者が監視しています。

パタヤエリアでは、スピードボートツアー、シーフードレストラン、水上マーケットやサンクチュアリ・オブ・トゥルースなどの観光名所、キャバレーショーなど、中国人観光客に依存している多くのビジネスが、解禁期間中に他の観光客を会場に呼び込み、特別なサービスやプロモーションを提供することに集中するために方向転換しています。

パタヤ湾のシーフードレストランのボートのように、少なくとも1ヶ月間は休業するビジネスもあります。

中国からの個々のツーリストはまだ厳密な健康検査および制限の下でタイに旅行することを許可される。

観光客が大幅に減った2020年2月3日のパタヤビーチ
送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)