パタヤ市当局が新型コロナウイルスとの戦いの間、中国の支援を示す集会を開催

パタヤ、中国に小説「コロナウイルス」との戦いを奨励

パタヤ
パタヤは、武漢と中国全土に、小説「コロナウイルス」の発生との戦いを続けることを奨励しています。

パタヤ市庁舎で今朝、パタヤ市長ソンタヤ・クンプルーム氏が中心となって集会が行われました。集会はウイルスとの戦いで中国との連帯を示すように設計されています そしてパタヤは中国の後ろに立ち、感染を解決するために全幅の信頼を持っています

今日の集会で中国とタイへの支持を示すパタヤ市長。

関係者や出席者は "パタヤは中国人がウイルスと戦うことを奨励している "などと励ましの言葉を叫んでいました。そして "パタヤは中国を愛しています 早く元気になってください!"

ソンタヤ市長は集会で「コロナウイルスは世界中の観光と経済に深刻な影響を与えている。我々は中国のウイルスとの戦いを支持し、中国国民の健康を本当に気にかけています。我々は中国がこの危機を解決し、タイとパタヤが両手を広げて彼らを歓迎すると信じています。

"年間約300万人の中国人がパタヤを訪れている。"彼は付け加えた

"また、パタヤを訪れる他の1,500万人の観光客や地元の住民、エキスパッツの方々にも、パタヤでのウイルス対策を万全にしていることを確認したいと考えています。パタヤでは疑われる症例や確認された症例はゼロであり、パタヤ市は安全です。"と締めくくった。

パタヤニュースは、中国が団体旅行を禁止する前に到着したパタヤと国内に残った最後の数組の中国人ツアーグループが、数日後に出発する可能性が高く、多くは今晩出発すると付け加えています。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)