バンコクマラソンは今朝、3万人のランナーを引き寄せる

Bangkok, 2020年02月02日 - トヨタが主催する第3回アメイジングタイランドマラソンバンコク2020が今朝、バンコクのホアマックにあるラジャマンガラスタジアムで予定通り開催され、総勢29,883人のランナーが参加しました。

フルマラソン42.195キロで5,565人、ハーフマラソン21.10キロで11,051人、ミニマラソン10キロで10,677人、ファンラン5キロで2,590人が参加した。

参加者は、勝利記念碑、ワット・ベンチャマボピット(大理石の寺院)、ラチャダムヌーン通り(タイのシャンゼリゼ)、ラマ8世橋、ワット・サケット(黄金の山)など、バンコクの象徴的なランドマークの前を走りました。

アメイジング・タイランド・マラソン・バンコク(Amazing Thailand Marathon Bangkok)は、タイで最大かつ最も人気のあるロードレースで、週末全体で約30,000人のランナーと75,000人以上の観客が参加し、年間スポーツカレンダーに記載されているタイを代表するランニングイベントとして定着しています。

出典:タイ国政府観光局タイ国政府観光局

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)