パタヤのアマリホテルで今年の小選挙区・大統領選挙に向けてアメリカ市民の海外からの投票を実施

以下は、パタヤのLoran Davidsonからのプレスリリースです。

海外在住の米国市民の皆様へのお知らせ

海外からの投票登録は、www.votefromabroad.com から、大統領選と大統領選挙の不在者投票を申請することで行うことができます。

これは、あなたがアメリカで最後に投票した場所のカウンティ・クラークの選挙担当者に申請するためにあなたを指示する超党派のウェブサイトです。それは5分かかり、完全にあなたの情報と一緒に完了した公式の米国政府のフォームを、PDFファイル形式で作成します。


印刷して署名した後、お住まいの州の有権者登録機関に郵送(または電子署名を入れて電子メールで送信)することができます。あなたの所属する政党が何であれ、このウェブサイトは不在者投票用紙の受け取りを迅速にサポートしてくれます。また、今年は、多くの州で郵便物の代わりに電子メールでの投票が認められています。


米国の有権者の皆様をサポートし、質問にお答えし、ウェブサイトからの申請を行うため、2月7日(金)と14日(金)の午前9時から午後1時まで、ドルフィンサークルからすぐのビーチロードにある甘利ボールルームにて、「海外からの投票」の受付を行います。また、多くの州では、選挙サイクルごとに不在者投票の申請を義務づけているため、海外の有権者の方は、登録が最新のものであるかどうかを確認することをお勧めします。


詳細については、furzymouse@gmail.com までご連絡ください。


お会いできるのを楽しみにしています
ローラン・デイビッドソンさん

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)