パタヤのマヤ音楽祭は、中国のコロナウイルスにもかかわらず、今週末も継続するために、バンコク病院と正式に医療スクリーニング、フェイスマスク、サーマルスキャナーを提携

パタヤ
数万人の来場者が予想されるマヤ音楽祭は、公式パートナーであるバンコク病院パタヤとの間で多くの注意事項があり、今週末も継続されることになっています。

マヤ音楽祭チームは本日、"中国のコロナウイルスの状況を非常に心配しており、ファンの皆様の心配を共有しています "と発表した。

"バンコク病院パタヤのスタッフとの公式提携により、お祭りの間、参加者の皆様のお世話をさせていただきます。"

"タイ人用と外国人用の入り口が別々になる。国内のタイ人観光客が多数参加している。"

"全員がサーマルスキャナーを通過し、検温検査を受けることになります。病気の疑いがある人はフェスティバルに入ることができません。"

"高熱 "や "疑いのある症例 "を発見した人は、特別なエリアに隔離され、完全な医学的評価を受けることになります。最近、中国の検疫地域に行ったことのある人は入国を拒否される。影響を受けた方には払い戻しが可能です。すべての訪問者は審査のためにパスポートの原本を持参しなければならない。"当局は続けた。

"参加者全員にフェイスマスクを無料で配布しますので、中で着用していただきます。"

"医療ケアを受けながらお祭りを楽しむことができます。1月31日と2月1日にマヤスペースパタヤでお会いしましょう。"主催者は締めくくりました。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)