タイ政府、バンコクへの大型空気清浄機の設置を検討、大気汚染に関する法律に従うようタイ国民に要請

バンコック(NNT) - 政府は、抜本的な対策を必要とするかもしれない大気汚染の危機を解決する能力があると国民に保証している。首相は、政府が首都に大規模な空気清浄機を設置することの実現可能性を検討している間、すべての人々に法律を遵守するよう求めている。

ゲン・プラユット・チャンオチャ首相は、大気汚染の危機に対処するプロトコルを概説した政府の書類をメディアのメンバーに提示し、政府は2019-2024年の国家アジェンダの中で大気汚染の緩和を優先していると強調した。

同氏は、政府は一般市民の健康を第一に考えているとし、導入された法律や措置をすべての部門が遵守するよう求めたが、これには特定の部門に影響を与える可能性のある抜本的な取り組みが含まれている可能性があると述べた。

バンコクに大規模な空気清浄機を設置する提案について、首相は、バンコクの状況が既に設置されている他の都市とは異なる可能性があるため、関係機関にフィージビリティー・スタディを実施するよう指示したと述べた。

大気汚染の危険性とPM2.5粒子状物質についての一般市民の理解を促進するため、公衆衛生省(MOPH)は、これらの危険な微粒子から身を守る方法を一般市民に伝えるため、ビクトリーモニュメントで移動式の汚染診療所を開設しました。今後、サムットサコン、サムットプラカーン、パトゥムターニーなどの影響を受けた県や68の保健所で、さらに多くの汚染診療所が開設される予定である。

また、MOPHは、一般市民が情報にアクセスしたり、医療専門家に連絡したりできるオンライン汚染クリニックを www.pollutionclinic.com に開設しました。

建設活動は、粒子状物質の重大な排出源であることが知られています。バンコクにあるタイ国営放送本社の広報部の政府放送・情報サービス業務センターの建設中、建設業者は、建設活動からの粒子状物質の排出を最小限に抑えるために、また、大気汚染の危機を抑えるための具体的な取り組みとして、定期的にトラックの車輪や建設現場自体を水で洗浄してきた。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)