タイ東部の大気汚染が悪化する中、サカオ州知事が「サトウキビの焼却は絶対に禁止、違反者は起訴を待つ」と発表

サ・ケオ

サカオ州知事は昨日、パタヤを含むタイ東部の大気汚染の主な原因であるサトウキビの燃焼を厳しく取り締まることをタイの報道機関に発表しました。

サカイオ省のワラファン・スワンヌン知事は、先週末にサカイオ省のスモッグ軽減のために総合機関を動員して蒸気を散布したにもかかわらず、サカイオ地域の汚染と粉塵PM2.5が2週目にして上昇しているとの週報を受けて、檄文を飛ばした。 

サカオで火事になったサトウキビ畑、クレジットINNnews

ワラパン氏はタイの報道機関に対し、天然資源環境局がサトウキビの燃焼を禁止するように命令しており、同氏はそれを執行すると語った。違反すると、1992年の公衆衛生法に基づき、7年以下の懲役と10万バーツ以下の罰金が科せられる。

パタヤニュースによると、パタヤを含む多くの地域では、多くの専門家が善意にもかかわらず、水を撒いたり、排気ガスをチェックしたり、扇風機を吹いたり、運転しないように頼んだりと、定期的にスモッグが発生しているとのことです。タイ政府が取り組んでいると言っている農作物の焼却に関して恒久的な解決策が見つかるまでは、スモッグは続くでしょう。

パタヤニュースによると、多くのタイの農家が暗闇の中で畑を焼いているとのことです。さらに、作物を収穫し、より環境に優しい方法で畑を耕すための資金や道具を持っていない多くの農家にとって、焼畑は最も安く、農家が生き残るための唯一の方法となっています。

カバー画像はスモッグで見えなくなったパタヤの海岸線、2020年1月20日、パタヤ・ニュースチームアダム・ジャッドがパタヤ・ニュースのために書きました。INNニュースからのタイ語ソース。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)