パタヤ警察が金塊強奪訓練を実施、容疑者を捕まえるのに15分しかかからない-ビデオ

パタヤ
パタヤ警察は今日、わずか15分で金品店の強盗ドリルを捕まえることができました。動画はこの記事の最後にあります。

パタヤ市警のニタット・ワエンプラダブ中佐率いるチームが、南パタヤのビックCデパート内にあるゴールドショップ「オーロラ」で強盗訓練を実施した。

今回の訓練は、今月初めにロッブリーで起きた金品店強盗事件で武装強盗が3人を殺害した事件の後に行われたものである。その強盗事件の容疑者はまだ逃走中ですが、国家警察によると、強盗事件の容疑者は現在も逃走中で、さらに多くの情報が寄せられているとのことです。

タイのパタヤで2020年1月21日午後、警察がボランティアの容疑者を金塊強奪訓練で捕まえる

今日の訓練では、警察のボランティアが演じた強盗が偽物の武器を使って店の金塊を奪い、その場から逃げ出した。役者は自分でルートを作り、追ってくる警察から逃げようとするように指示されていました。訓練に参加した警察は、事前に強盗の情報や容疑者の情報を与えられていなかったという。

警察は、ラジオ、パタヤCCTVセンター、事前にドリルのことを知らされていなかった目撃者などを使って、チームワークで金屋から3キロ離れた場所にいる強盗を逮捕するのにわずか15分かかったという。

タイ・パタヤで本日の金屋ドリル、ボランティアの容疑者が現地の金屋を "強盗" 2020年1月21日

リット・コル・ニタット氏はパタヤ・ニュースに対し、「人々は『Police I Lert You』アプリを使って警察に通報することも可能で、警察の対応時間を短縮することができます。今日の迅速な犯人逮捕は良いことですが、観光客や住民がいつでも安全に過ごせるように訓練を続けていきます。"

https://youtu.be/lg-mddFX6YA

送信
ユーザーレビュー
4.67 (3 票)