ネットで何かを売っているのに、タイでは価格を明記していない?それは今では法律に違反しています!

商務省は今週、値札なしでオンライン商品を掲載することは違法であり、1万Btまでのペナルティを科すことを電子商取引業者に警告した。

チャチャイ・サクシラパチャイ事務局次長は、オフラインの商品には必ず値札を付けなければならないという規制が、オンラインで販売されている商品にまで拡大されたと述べた。

新しいルールは、オンラインで広告された多くの製品が明確に見積書を要求するメッセージを送信するために興味のある顧客を強制的に、価格を示していないことを苦情に対応して導入されていた。それは売り手が意図的に価格とサービス料を隠していることを意味するように、これは不公平かつ違法と考えられています。

電子小売業者のスクリーニングは、商人の物理的な場所のため、ハードラフワークです。同省は、このように違法行為を発見した人は、有力な価格を提供することで報告することを奨励している。

"値札が表示されていない場合、販売者には1万バーツを超えない罰金が課せられ、設定された価格を遵守しない仕入れ業者には7年の懲役または14万バーツを超えない罰金、またはその両方が課せられる。オンラインとオフラインの商品表示の監督に関する商工銀行合同常任委員会の発表は7月4日から掲示されているが、多くの人がまだ知らないままだ」。チャチャイ氏は述べた。

同省は苦情の件数が増加していると指摘しており、2019年には330件の消費者から価格が表示されないという苦情が寄せられ、2018年の178件から増加した一方で、一般商品の価格が維持されていないという苦情は2018年には1,932件寄せられたが、2019年には1,429件に減少している。

ビジネス開発省の局長であるVuttikrai Leewiraphan氏は、2019年の電子商取引ビジネス全体は14.04%成長し、3.1兆Btと評価されていると述べた。顧客の90%は、行われたオンライン購入のためのスマートフォンを使用しています。

ソースは https://www.nationthailand.com/business/30379878

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)