2019年のパタヤニュースで最も閲覧されたニュース記事トップ10

こんにちは。

新年を迎え、2020年を迎えるにあたり、読者の皆様に、この1年間で最も人気のあった記事をご紹介したいと思います。

データを集めたので、定期的にフォローしてくださっている方の中には、人気の記事に驚かれる方もいらっしゃるのではないかと感じています。

これらは、当社のウェブサイト上で最も人気のある記事の観点から純粋に見られており、当社の様々なソーシャルメディアチャンネルでの「いいね!」や短い記事の断片の純粋な人気に影響を与えません。

このラウンドアップをお楽しみください。

アダムとパタヤ・ニュース・スタッフ

10番です。

OSS外国人向けアプリの登場で、タイ政府は90日分のチェックインをオンラインで簡単に行えるようになったという。

9番です。

パタヤ警察、日本人観光客から1万3000バーツを盗んだトランスジェンダーを逮捕

8番です。

パタヤのナイトクラブで金を盗んだ容疑者を逮捕

7番です。

パタヤ警察、外国人のボーイフレンドと喧嘩したタイ人の少女がマンションのバルコニーから飛び降りるのを阻止

6番です。

スウェーデン人男性、パタヤのマンション29階から転落

5番です。

さようならTM6の到着・出発カード...廃盤になります。

4番です。

タイ北東部でオーバーステイビザで指名手配された英国人の男を逮捕、パタヤ容疑者とのつながりを疑われているとBanglamung警察が報じた。

3番です。

インド観光はタイの未来、2030年までに年間1,400万人が見込まれ、タイ政府とタイのメディアによると、1日平均5,800バーツの消費が見込まれる。

2番です。

プーケットのレストランでの意見の相違の後、怒ったタイ人の群衆に追われるアメリカ人観光客

そして.........昨年パタヤニュースで読まれた記事のナンバーワン。

オマーン人観光客がパタヤで5万バーツのバー代を請求、請求書の支払いを拒否、ベルを鳴らす意味を知らなかったと主張

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)