ウズベキスタン人女性観光客が南パタヤでバッグをひったくられた。

パタヤ
容疑者は今朝早く、南パタヤのウズベキスタン人女性からバッグを奪っています。

パタヤ市警察のタニン・カンパイ少佐は、ソイ・マリーン・イェンサバイでの事件の通報を受けました。
警察とパタヤ・ニュースが駆けつけた。

現場ではウズベク国籍の37歳のVsola Vanhidovaさんが発見されました。警察によると、彼女が道を歩いている時にバイクに乗った2人の容疑者にバッグを奪われたという。

バッグの中には重要な書類と現金約3,000バーツが入っていたという。

警察は現在、近くのCCTV映像をチェックし、容疑者を探しています。

パタヤエリアでのバッグのひったくりはここ数週間で5件目、全て東欧系の女性観光客によるものです。以前の窃盗事件の大半はナクルアで発生しています。警察はこれらの犯罪との関連性があるかどうか調査を続けています。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)