タイの観光客向け付加価値税(VAT)還付金が還付レベルを引き上げ、現金決済サービスを拡大して観光と消費を促進

歳入庁は、ダウンタウンの代理店での観光客に対する付加価値税(VAT)の還付限度額を、現在の12,000バーツから旅行者1人当たり30,000バーツに引き上げるように設定している。

Tax-collecting の代理店は新しい規則が適用されるとき明らかにしないで、ちょうどSuvarnabhumi 及びDon Mueang の空港の代りに全国10 の国際空港のツーリストへのVAT の払い戻しのための現金支払サービスを拡大することを、Pinsai Suraswadi の戦略的な税の管理の主席顧問は言った計画する。

追加された空港は、チェンマイ、チェンライ、プーケット、ハットヤイ、クラビ、サムイ、ウタパオ、スラタニの8つです。

歳入庁は、外国人観光客が全国の繁華街の代理店で現金による付加価値税の還付を請求できるようになると、ピンサイ氏は述べた。

改正された規制は、外国人観光客の利便性を高めるという経済相の意向に沿ったものとなる。

歳入局のEkniti Nitithanprapas局長は最近、同局が試験的に実施した結果が満足のいくものであれば、繁華街の恒久的なVAT還付業者の申請を開始する可能性があると述べ、VATフリーショップから観光客への売上が10%増加した。

先月終了した1年間の試験期間中、5つのエージェント(Counter Service、VAT Refund Centre Thailand、Thai VAT Refundを含む)は、それぞれバンコク市内に5店舗までの開設が許可されました。中国人、シンガポール人、台湾人観光客は、バンコクの繁華街でVAT還付サービスを利用しているトップ3の国籍であることが判明しました。

ソースと詳細はこちら。

https://www.bangkokpost.com/business/1774369/vat-refund-for-tourists-hiked-to-b30-000

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)