パタヤ寺院の監視員がノンプルー市長に顔を殴られたと告発、警察の報告書を提出、疑惑の事件はビデオに撮られた。

パタヤのノングプルー市長に殴られたとされる寺院の監視人が警察に報告書を提出 - Yahoo!

パタヤ
ブーン・サンパン寺院の所長が今週、公の場でノンプルー市長に殴られたとの疑惑をかけられ、カメラに収監されたため、地元警察に通報した。

寺院では、寺院の監視人であるWanchai Sanengam氏は、事件は今週(日曜日)のTak Bat Devo Day(仏陀教の休日)に起こったと言われています。

お寺では仏教徒が参加していました。

ノングプルエ市長のマイン・チャイヤニット氏が寺院にやってきて、カメラに映った彼の顔を平手打ちしたと、サネンガム氏は主張している。

市長が宗教儀式を始めるのを待っていないと怒るかもしれないと信じていた。

また、同日、地元住民からは、寺院で仏陀の日の活動中に中国人観光客に追い払われたと市長に報告されていた。

警察は事件を調査しています。ノンプルー市長は、タイのメディアで流行している告発に対して、公の場では何も答えていません。

編集部注:ノンプルー市長はパタヤ市長ではありません。ビデオはパタヤニュースのFacebookページにあります。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)