地元住民がパタヤの小さな子供を連れた花屋の迷惑行為に文句を言う

写真: A E C ニュース パタヤ

パタヤ
地元の人々は、パタヤ・ウォーキング・ストリートの遅い時間帯に幼い子供を使って商品を売り歩く迷惑な花売りについて、タイのメディアにクレームをつけています。

タイのメディアによると、ウォーキングストリート沿いの観光客の迷惑になる花の売り子について、多くの苦情が寄せられているという。

これらの売り手は以前にも逮捕されたことがありますが、今はまた戻ってきています。苦情によると、この人たちはタイ人ではありません。

地元住民はタイのソーシャルメディアで「毎日午前2時過ぎに見られる。彼らは観光客に花を売ろうとした。中には観光客から直接お金を要求してきた人もいたという。

観光客が花を買うのを断ると、観光客に迷惑をかけて嫌がらせをしようとしてきた。乞食のように幼い子供を抱えている人が20~30人ほどいる。

パタヤの住民は警察に捜査と行動を求めています。一部のソーシャルメディアユーザーは、一部の物乞いはフィリピン人であり、フィリピンの悪名高い伝道師であるクィボロイと関連があると主張しています。

今年の初め、組織に関連しているとされるいくつかの逮捕者について報告しました。

https://thepattayanews.com/2019/01/17/philippines-women-arrested-for-raising-money-for-needy-children-in-pattaya-allegedly-members-of-infamous-church-in-the-philippines-led-by-the-owner-of-the-world-and-son-of-god/

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)