中国人観光客がパタヤのホテルの2階で落下し、重傷を負う

パタヤ


中国人観光客が今朝早く、パタヤの地元ホテルの2階のスタッフメンテナンスエリアで梯子を登っていたところ、シーリングから落ちて重傷を負った。

パタヤ市警察は、午前3時にパタヤ中心部のホテルで事件が発生したと通報を受けた。警察、パタヤ・ニュース、サワン・ボリボーン・タマサタンの救助隊が現場に急行しました。

30歳の中国人観光客のトン・ドンチンさんは、足に重傷を負っており、スタッフ専用エリアのはしごの近くの床で発見された。彼女が落ちた穴は明らかに目に見えていた。彼女は地元の病院に運ばれた。

ホテルの警備員がパタヤ・ニュースに語ったところによると、彼は大きな音を聞いて驚いて注意を引いたという。彼は現場に駆けつけ、負傷した観光客を見つけ、助けを求めました。

観光客が午前3時にスタッフのみのメンテナンスエリアではしごを登っていた理由は不明だった。言葉の壁があるため、被害者の友人が事故当時の質問に答えることができなかった。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)