ローマ法王、11月にタイを公式訪問

教皇フランシスコは、タイを訪問する6年前の約束を実行するように設定されている、教会は金曜日の午後に大きなファンファーレで発表しました。

ローマ法王のアジア歴訪の発表で、ローマ法王は11月下旬、フランシスコがタイの首都を3日間訪問すると発表した。タイ政府が、当時の首相インラック・シナワトラ氏のバチカン訪問の際に、同氏が招待を受けたと発表してから6年後のことだ。

82歳のフランシスコは、バンコクで2回のミサを主宰する。モンシニョール・アンドリュー・ヴィサヌ・タンヤ=アナン、タイのカトリック司教会議の副秘書によると、最初のミサの儀式はキリスト教徒だけに限定されるが、2回目のミサは若者を描くことに重点を置いて一般に公開される。

"誰でも歓迎します "とアンドリューは言った。

パタヤは現時点では法王が訪問を計画している場所のリストにはありません。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)