タイの移民局は、多くの外国人が居住地を移転する際に移民局への届出が不要であることを簡単に発表したが、多くの疑問が残っている。

ソースは

https://www.immigration.go.th/content/notifyresidence?click=1

昨日の夕方から画像が流行り始め、今日の午後には正式なものであることが確認されたが、その中で入国管理局は、24時間を超えて国内を旅行する場合、ほとんどの外国人は入国管理局への届け出が不要であることをウェブサイト上で発表した。

当サイトを含め、ニュースメディアでも大きく報道されていますが、3月に入管が「外国人が24時間を超えて居住地を離れるときは届け出なければならない」「外国人が居住地に滞在しているときは家主が届け出なければならない」という1979年からの法律を施行したことから、混乱が始まりました。 この2つの書式はTM28とTM30です。

簡潔な発表であったが、具体的にはTM28の部分、つまり報告が必要な外国人のことを指しているように見える。また、それが観光客やビジネス・教育関係のVISA保持者であり、退職や結婚・家族関係のVISA保持者ではないのかどうかも不明瞭である。

また、家主や所有者が24時間以内に外国人が自分の住所に滞在しているというTM30を提出する必要があるかどうかについても言及されていません。

今回の発表は、外国人ビジネスオーナーの主要なグループが、過去数週間の間に旅行中の外国人ビジネスマンに問題を引き起こすであろうルールに大きな懸念を示したことへの対応であるようだ。タイの移民の頭は、彼はルールが変更する必要があり、時代遅れだったと述べているBBCタイとのインタビューを開催した先週遅く。

複数の大手通信社が移民局に明確化を求めている。

出典はこちらです。タイの移民、ココナッツ。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)