タイでは9月12日からすべてのタバコが同じダルパッケージで販売されることに

バンコク

写真クレジット:タイガー

たばこ会社がタイの標準化包装規制の遵守を2週間前に開始したことに注目して、東南アジアたばこ対策アライアンスは、タイが標準化されたたばこ包装を導入したASEAN地域とアジアで最初の国であることを称賛しています。

 

2019年9月12日から、2019年12月12日までに90日間の全段階的な古いたばこ在庫の廃止をもって、タイ国内のすべてのたばこは、ブランドカラーやロゴを使用せずに、たばこのブランド名が標準化されたフォントタイプ、サイズ、色、場所で印刷された、くすんだ茶色のパックで販売されなければなりません。

 

新しい標準化されたパッケージは、タイの絵文字による健康警告を補完するもので、パックの前面と背面のパネルの上部85%を占めており、現在ASEANでは最大規模となっています。

 

"SEATCAのエグゼクティブ・ディレクターであるユリシーズ・ドロテオ博士は、「タイ政府がこの重要な公衆衛生上のマイルストーンを達成したことを祝福するとともに、公衆衛生省に対し、コンプライアンスを厳しく監視し、新法を守らないタバコ会社に罰則を課すことを強く求めます」と述べています。

 

標準化された包装は、たばこ製品の魅力を減らし、広告の一形態としてのたばこ包装を排除し、絵で表示される健康警告の視認性と効果を高める。さらに重要なことは、たばこ産業が若者に販売する能力を制限することで、若者のたばこ使用開始を減少させ、現在のたばこ使用者の禁煙を奨励し、元使用者の再発を防ぐのに役立つことである。

 

タイは、すでに標準化されたタバコの包装を必要としている他の15カ国、すなわちオーストラリア、フランス、イギリス、ノルウェー、アイルランド、ハンガリー、ニュージーランド、トルコ、サウジアラビア、シンガポール、カナダ、ウルグアイ、スロベニア、ベルギー、イスラエルに加わる。他にも少なくとも13カ国が標準化包装法の導入に向けて様々な段階を経ています。

 

シンガポールは、この重要なたばこ対策を実施するASEANの2番目の国となります。そのたばこ規制2019では、2020年7月1日から、すべてのたばこ製品(たばこ、シガー、葉巻、ビーディー、アンフーン、その他のロール・ユア・オウンのたばこ製品を含む)が標準化された包装に完全に準拠しなければならないことが義務付けられています。

 

"シンガポールとタイは、WHOのたばこ対策枠組条約に含まれるこの救命措置を実施することで、近隣のASEAN諸国が追随しなければならない道を切り開いた」とドロテオ氏は述べています。

ソースは https://thethaiger.com/news/national/all-cigarettes-in-thailand-sold-in-drab-packaging-starting-september-12

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)