午前4時00分に合法的なナイトライフの閉店時間を延長することに反対する全国のアルコールグループは、白熱した議論は、TATとアルコールコントロールグループの間で開始されます。

バンコク

複数の学識経験者は、観光スポーツ相が娯楽施設の営業時間を午前4時までとし、場所に応じて現在の深夜から深夜2時までの法定閉館時間を延長することに反対している。

アルコール研究センターのUdomsak Saengowは、そのような動きの前に、より多くの研究が必要であることを示唆しているものの一つです。

"市民団体が酒の入手を制限するために奔走し、閉店時間を午前4時から午前2時に短縮するようロビー活動に成功しました。開店時間が延びれば、飲酒時間も延びる。飲む人が増えれば増えるほど、自制できなくなる。"

しかし、観光・スポーツ大臣のPhiphat Ratchakitprakarn氏は、営業時間の延長は経済を後押しすると主張しており、タイ観光庁(TAT)もこれに同意している。

TATのユタサック・スパソーン知事は、営業時間を延長することで消費を増やすことができると述べています。また、新しい営業時間がすべての場所に適用されるわけではないと強調しています。

"午前4時の閉店時間は主に外国人観光客に対応する目的地に限定される"

しかし、アルコールウォッチネットワークのコーディネーター、Chuwit Chantarosは、それが酔った観光客の間で負傷者や死亡者の増加につながる可能性があると主張して、移動が経済を助けることに同意しません。そのような増加はビジネスを犠牲にして終わるだろう。

"財産の損失だけでなく、死傷者が出てさらに大きな損失を被るため、1バーツ増えるごとに2バーツを失うという調査結果があります営業時間が延長されれば、さらなる損失が予想されます。"

彼は提案が特に外国人観光客の間で少なくとも25%によって支出を、後押しするだろうと大臣の主張を疑問視し、主張を支持するために証拠を要求した。

"提案は慎重に考えられていなかった "とのこと。

"時間延長の対象となる観光客も少なく、中にはトラブルメーカーも。こんな観光客が必要なのか?"

彼はまた、提案されたゾーニングシステムが機能するだろうと疑って、600以上のパブやバーが未成年の顧客にサービスを提供したためにシャットダウンされていると主張した。

チューウィット氏は事業者に対し、営業時間の延長を求めるのではなく、アルコール取締法を厳格に遵守するよう促した。

しかし、パトンの娯楽事業者組合のウィーラウィッチ・クルアソンバット組合長は、この動きに賛成している。

"何年もの間、私たちはパトンとバンラ地区の閉店時間を延長することを推進してきました。これらの地区は現在、1泊あたり2000万~3000万バーツの収入があり、2時間の延長は30%~40%の収入を押し上げることになります。"

Manu Khiewkhram のプーケットの別のビジネスオペレータは水曜日に、グループが今月初めに観光事業大臣にPatong の閉鎖時間の規制緩和を求める提案を提出したことを言った。

一方、TATのユタサック・スパソーン知事は、開店時間を延長することは、午前2時の閉店時間が早すぎると感じる傾向にある外国人観光客の間での支出を増やすことを目的としていると述べています。

ユタサック氏によると、外国人観光客の消費行動のデータをもとに、一人当たりの消費額は通常5,500バーツ程度だという。

関連する観光地の関係者がTATとの会合を計画していることから、この問題をさらに議論するために議論が激化している。

TATの知事は土曜日の午後、市役所で地元のナイトライフオーナーと会い、彼らの考えを聞きました。タイのナイトライフオーナー協会のトップは、パタヤニュースに、地元のオーナーはパタヤの法律上の閉店時間を変更するという決定を強く支持していると述べました。

パタヤは、パタヤニュースの読者の多くが驚いているように、地域によっては深夜0時から深夜2時の間にバーやナイトライフを閉めることが法律で定められています。非公式には、それ以降の営業は許容されていますが、合法ではありません。これが国家警察が街を訪問した時、通常は午前2時までに全てのバーが閉まってしまう理由です。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)