米国はタイとの関係を深めたいと述べ、民主的に選出された新政権に祝辞を述べる

バンコク

米国政府は昨日、新内閣の第1回会合後に発表された声明の中で、タイの新政権を支持すると述べた。

マイク・ポンペオ国務長官は、選挙から4ヶ月後の今週、ついにバンコクで新内閣が発足したことを受け、両国政府間の「同盟とパートナーシップの深化」に取り組むことを楽しみにしていると述べた。

"ポンペオ氏は、「我々の同盟は、インド太平洋および世界全体の安全保障、平和、繁栄など、両国に共通する目標を前進させるために協力することで、さらに強固なものになるだろう」と述べた。

声明は、2014年のクーデターで政権を奪取して以来、統治してきた元陸軍司令官のプラユス・チャンオチャ氏を祝福することも、名前を挙げることさえもしなかった。3月下旬に行われた総選挙の後、プラユート氏は首相として政権に復帰した。

それは、トランプ政権がクーデターの間に減少したタイとの完全な関係を回復するべきかどうかを議論しているときに来る。外交政策の専門家および権利擁護者は軍隊が国務省の多くの反対にそれが起こるのを見たいと熱望していると言う。

"米国は、新たに設立されたタイ王国政府と協力して、我々の国民の間の2世紀を超える友好関係の上に構築された両国間の同盟とパートナーシップを深めることを楽しみにしている」とポンペオ氏は述べた。"我々は世界中で透明性と良い統治を支持し、この目的のためにタイ国民とタイ王室政府と協力していく」と述べた。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)