タイ国際航空、2019年第1四半期の利益が83%急減

タイ国際航空は2019年第1四半期の利益が83%急落。昨日、第1四半期のバランスシートが出てきました。

航空会社の経営陣は、バーツ高、進行中の米中貿易戦争、パキスタン領空の閉鎖(ヨーロッパ便のルート変更を余儀なくされている)などを非難しています。

詳細な結果が出ています。

- 純利益は4億5600万バーツ、昨年の1~3ヶ月間の27億バーツの利益から減少

- 収入は497億バーツ、前年同期比6.9%減

タイの航空路の大統領Sumeth Damrongchaitham は主要な通貨に対するバーツの強い上昇で責任を置くことを言っているそれは航空券の価格を上げることを航空会社のために不可能にする。

バンコクポストに引用された記事によると... "バーツ高は、航空機やエンジンのローン支払いやリース料など、いくつかの経費を削減するのに役立ったが、この恩恵は依然として最小限にとどまっている "という。

彼はまた、米国と中国の間の継続的な貿易スパッツが航空会社の貨物事業に打撃を与えていることを引用し、12.9%の収益を見た。

2月には、パキスタンとインドの国境を越えた後、タイ航空の航空機はヨーロッパの交通のために迂回する必要があり、それが燃料費を押し上げたとSumeth氏は述べています。

航空会社は9月にウェブサイトやモバイルアプリで商品を販売して収益を増やす計画だ。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)