ツアーボートのオペレータは、直接ドロップオフし、ビーチで何百人もの観光客をピックアップし続けています。

地元の住民や業者は、主に中国人やインド人の観光客を島に連れてきたり、パタヤ湾の観光地のために観光客を連れてきたりするツアーオペレーターが、約1年前に設定された政府の命令を無視しているとメディアに訴えている。

1年後の今日、住民からの苦情に応じた政府と地元の役人は、すべてのスピードボートは、この目的のために設計されたバリハイ桟橋で観光客を送迎しなければならないと述べています。

しかし、当時は桟橋が完全に完成しておらず、需要と船の数に対応できず、スピードボート事業者は観光客を直接海岸に送迎する慣行に戻り始めた。

住民は、通常、ハードロックとA-1ホテルの近くに駐車しているツアーバスは、交通問題を引き起こし、道路を横断する観光客の大規模なグループは、同様にブロックトラフィックと歩道を横断し、ビーチの小道を運動したり、歩くことが困難になると言う。

彼らは、桟橋が拡大された今、政府や地元の役人が行動を起こし、定めたルールを実施することで、大多数の観光客を送迎する船に十分なスペースが確保されることを期待している。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)