検問所でナイフを持って襲った後、酔っ払ってメスを使っていたタイ人男性が警察官に2回撃たれた。

パタヤ

本日2019年5月7日午前10時30分に、タイ人の30歳の男が、今朝、3番街道の外れにあるソイ・ボンコット3番地で、バイクで検問所を駆け抜けようとした後、地元の警察官を小刀で襲いました。警察官は正当防衛で男を倒すために足を2発撃ったという。

ソムチャイ文里容疑者(30歳)も覚醒剤で陽性反応が出ており、飲酒についても法定基準を数倍超えていたという。

事件が起きたのは、タイ語で訳すとSrisri Srisawadという名前の巡査が、第三道路で自動車検問所を巡回していた時でした。警官は、容疑者が高速で検問所に近づき、止まる気配がないと述べました。警官は容疑者を追いかけてソイ・ボンコット3号線に入り、応援を要請しながら容疑者を追いかけました。

ソイ・ボンコット3では、地元企業の数人の目撃者の前で、ブンスリー氏がバイクを停め、目撃者と警官によるとポケットナイフを持って警官に挑発したという。

警官は威嚇射撃を行い、容疑者に銃を下ろすよう指示したが、目撃者によると、容疑者はスリサワドさんを告発したという。

この時点では、追加の警察官が到着するまでの間、容疑者を足で2発撃ち倒して確保することを余儀なくされていたという。

ブンスリー氏は、救助隊によって現場で治療を受けたが、2発撃たれたにもかかわらず重傷を負っていなかった。彼はソイ9の警察署に運ばれ、薬物と酩酊状態で陽性反応が出た。

同市のプラウィット・チョーシング警察署長は、CCTVを見直し、署の手続きに従い、警察官の行為が適切な状況であったかどうかを調査すると述べた。

また、警察署長は、ブンスリ氏はこれまでに薬物関連の犯罪で4回逮捕されており、今回の朝の事件ではいくつかの罪に問われることになると述べています。また、ブンスリ氏は事件を自供しており、警官を襲ったこと、薬物を使用したこと、運転中に飲酒したことを自供していると述べた。彼は現時点で保釈金なしで拘束されたままだ。

 

 

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)