2歳の乳児が検問所で警察ボランティアと口論になり重傷を負う

パタヤ

母親は、彼女の2歳の息子が昨夜、トランチョンを振り回す警察のボランティアによって意識不明になったと主張しています。

子供の両親は昨夜パタヤのソイカオタローに食事に出かけていましたが、警察の検問を見て罰金を回避するためにバイクで引き返しました。当初はヘルメットを被っていなかったことが原因だとしていましたが、夫が薬物問題を抱えていたという情報が出てきました。

カンヤ・トムクラング、25歳は、黒い服を着た男が物陰から飛び出してきて、息子のサイラ・ニンカムや "サム "を殴って攻撃してきたという。

彼女によると、男はまだ満足していなかったそうだ--これ以上の怪我を防ぐために、夫と父親が蹴り出したので、男は再びバトンを掲げて殴りつけたという。

家族はなんとか逃げ切った。

彼らは診療所に駆けつけたが、それが閉鎖されているのを見つけて、子供が頭の重傷に3針の縫合を受けたバン・ラムン病院への道を作った。

記者が母親に話したように、子供は嘔吐を始め、より緊急な治療のために別の病院に転院しました。

母親は言った"私たちはちょうど罰金を回避したかった - それはこれを保証することは深刻ですか?"

今日の午後、子供の父親(写真)が警察署に呼び出されました。彼は薬物検査を受け、メスを使用していたことを認め、それが検問を避けようとした理由だという。彼は、しかし、赤ちゃんへの怪我は容認できないと言ったが、彼は、話が最初に報告されたときに、ボランティアに早く打ったかもしれないことを認めるように見えた。

警察関係者によると、警察ボランティアは今晩、事情聴取を行うとのことです。この話の展開については、後ほど詳しくお伝えします。この話のタイ語版のソーシャルメディアは怒りを爆発させましたが、当局は、この話にはもっと多くのことがあり、ボランティアが彼の側の話をすることを許可するように注意しました。

報道された時点でも、子供は重篤な状態で病院に入院しているという。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)