飲酒運転の韓国料理店オーナーが事故で3人負傷、被害者1人は昏睡状態

パタヤ

52歳の韓国出身のパク・ソンヒ氏は、今朝2019年3月14日午前330時に南パタヤのザ・リッチホーム前で、タイネーションズに複数の負傷者を出しているバイクを数台にぶつけた。

彼はアルコールの過剰摂取で陽性反応を示した。

負傷者は病院に搬送され、パクさんは飲酒運転と事故を起こした容疑で逮捕された。また、警察にも協力的ではなく、事故現場では「自分のせいではない」と主張して口論になっていたという。朴さんは、地元で人気の韓国料理店を経営する現地駐在員経営者。

負傷者のうち一人は昏睡状態で重体。他の2人は足を骨折しています。
目撃者によると、朴さんは黒塗りのフォード・フィエスタ車の制御を失い、バイク乗りに衝突したという。また、一方通行の道路を誤って運転していたとされている。

朴さんは怪我をしておらず、自分が起こした怪我については目撃者の報告通り、距離を置いて無頓着に見えたという。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)