パタヤ湾で浮いている身元不明の外国人の遺体を発見

今朝早く、パタヤ湾に浮かんでいた重度の入れ墨をした白人の外国人男性の遺体が漁師によって発見されました。

救助隊員が呼ばれ、遺体は岸に運ばれ、精密検査が行われました。

遺体は死亡して1週間以上も水中にいたように見えた。手足と頭の大部分は骨まで魚に食べられているように見えた。男性は黒い短パンと黒いシャツを着ていた。

当局によると、重度の外傷や鈍的損傷を示す骨の外傷の初期徴候はありませんでした。

地元の大使館に連絡が入り、警察は本日、行方不明者の報告書を確認する一方、医療スタッフはより正確な死因の解明に向けて努力を続けています。

以下の動画には、センシティブな視聴者を不快にさせる内容が含まれています。

 

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)