バンコクでフランス人観光客が非番の警察官に射殺される

バンコクの警察の巡査部長が、バンコクのバーでの殴り合いの後、水曜日の朝にフランス人観光客を射殺したとされる事件の後、自首しました。

ルンピニ警察署に配属されていたカンタポン・ファズリ巡査部長は、事件後すぐに自首しました。

彼の仲間の警官はすでにトレンディビルの1階に召集されており、そこにはフランス人のマリク・ジャメルさん(35)がドーナツ屋の前で頭と胸に銃弾の傷を負って死んでいた。ジャメルさんは計2発撃たれていた。

タイ人のガールフレンド(クワンジラとしか名乗らない)は、ジャメルが数時間前にスクンビット・ソイ11/1にあるバー「ラッキーショット」でタイ人男性と口論になったと警察に話していたという。口論はガールフレンドの嫉妬によるものだと言われています。口論は殴り合いにまでエスカレートし、目撃者によると、フランス人男性が勝ったため、タイ人男性は後退して逃げたそうです。彼女は、両方の男性は事件の時に酔っていたと述べています。

クワンジラさんによると、彼女とジャメルさんがトレンディビルの8階の部屋に戻っていた時、ファドリシさんが再登場し、おびえる傍観者の前でダンキンドーナツの店の前で恋人を射殺したという。

殺害現場は防犯カメラに映っており、犯人はカンタポンと特定されたとされています。

入国管理局長のスラチャテ・ハクパルPol Lt Gen Surachate Hakpal氏は、ルンピニ駅の捜査官に対し、法律に厳密に則って事件を処理し、同僚を助けようとしないよう指示しました。

報道によると、カンタポン氏はタイの法律に基づく最高刑を受け、警察官を解雇されたとのことです。フランス大使館には連絡があり、警察関係者と連携している。男性の家族に通知があったかどうかは現時点では不明。ジャメルさんは以前からタイに住んでおり、ガールフレンドの話によると、この地で永住権のある仕事を探していたという。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)